自分の心臓を、みたくありませんか・・・? 専門病院で行う、心臓画像診断

心臓 MRI 検査

MRI(磁気共鳴画像撮影)とは、電磁気の力を利用して体の内部を撮影する装置です。体内の組織にある水素原子からの信号を受信し、コンピュータ解析して画像化します。心臓の収縮や拡張を動画でとらえることにより、心機能解析や心臓の形態や組織性状の評価に適しています。CTやX線検査のように放射線による被ばくを心配することもありません。造影剤を使わずに心臓の動きを解析し、心臓の栄養血管である冠動脈の撮影を行うことが可能です。

さらに、造影剤を使用すれば、心臓組織内の変化やダメージを検出し、より詳細な診断につなげることができます。ちなみに、心臓MRIの造影剤は“ガドリニウム系造影剤”であり、心臓CTなどで使用する“ヨード系造影剤”とは物質が異なり、比較的副作用が少ないと言われています。

当院にある MRI 装置は、MAGNETOM Sola Cardiovascular Edition®(Siemens社製)で、心血管系の検査に特化して開発されたプレミアムクラスの 1.5T 装置です。

心臓MRI検査でどんなことがわかる?

心臓MRIは、他の検査に比べより専門的な検査であり、多くの詳しい情報が得られます。心電図や血液検査、心エコーなどの検査の結果、必要な場合に勧められます。

  1. 非造影では、心臓の動き、形態、心臓内の血流や弁膜症などがわかります。また、心臓の栄養血管である冠動脈の狭窄がわかります。スクリーニング検査として位置づけられます。
  2. 造影剤を使用すると、より詳細に心筋組織の障害の程度、心筋虚血(心筋に必要な血液が取り込まれているかどうか)がわかります。精密検査として用いられます。

造影なしで得られる主な心臓MRI画像

心機能、形態(Cine画像)

  • 造影剤なしで、心機能・形態評価を行うことができます。他の画像検査ではわかりにくい部分も良好に描出されます。

冠動脈

  • 造影剤なしで、心臓の栄養血管である冠動脈の撮影ができます。
  • 冠動脈は心筋へ酸素や栄養素を運ぶための血管で、狭窄や閉塞を生じると、狭心症や心筋梗塞の原因となります。

造影剤を用いて得られる主な心臓MRI画像

心筋障害の部位、程度(遅延造影画像)

造影剤を用いると、心筋組織のダメージの部位や程度などがより詳しくわかります。ごく小さな心筋梗塞や他の病気を見つけ出すことも可能です。また障害された心筋の範囲や程度がわかります。

心筋梗塞後の患者様
肥大型心筋症の患者様

心筋内の血流障害(心筋パフュージョン画像)

心臓に薬物で負荷をかけて、心筋内に必要な血液が取り込まれているかを画像化します。造影不良域は、心筋に血液を送る冠動脈が狭窄している可能性があります。

負荷時に左室下部中隔、下壁、下後壁および側壁において造影不良域を認め、右冠動脈の有意狭窄が疑われます。

どんな人に心臓MRI検査が勧められるか?

  1. 心エコーで心臓の動きや形態に異常を認めたとき
  2. 心電図異常、重症不整脈
  3. ステント留置後、バイパス手術などの術前・術後の虚血の評価
  4. 冠動脈の狭窄が疑われたとき
  5. 心不全、心筋症、心筋梗塞の精査目的

当院で行う、その他の MRI 検査

血管MRI

大動脈瘤や大動脈解離などの大動脈疾患や、頭頸部、体幹部、下肢などの血管の検査を、造影剤を使わずにおこなうことができます。血管閉塞や狭窄の有無を確認することができます。

頭部MRI

脳梗塞や脳出血、変成疾患などの診断に用います。造影剤を使用することなく、脳血管、頚動脈の病変の描出も可能です。

MRI 検査を受けるときの注意点

  1. 装置内部は狭い空間であり、閉所恐怖症の方は事前にお知らせください。
  2. 検査装置は強い磁場が働いています。
    • 金属類(めがね、ヘアピン、時計、アクセサリー、ベルト、金属の着いた衣服、鍵、補聴器など)は必ず外してください。
    • 磁気カードや携帯電話などはデータが損壊することがあり持ち込めません。
    • アイメイク、カラーコンタクトレンズ、UVケア用品、カイロ、防寒用下着などは、素材により熱を持つことがあります。
    • 体内に心臓埋め込み型デバイス(ペースメーカーなど)、人工内耳、義眼、金属などがあると検査ができない場合があります。
    • 妊娠中の方は検査ができない場合があります。
  3. 食事制限はありませんが、検査1時間前からの飲食はお控えください。
  4. 検査内容によっては、前日夜からカフェインの摂取をお控えいただくことがあります。

MRI 検査中の注意点

  1. 検査時間は30-60分で、患者様の病態や検査目的などにより変わります。
  2. 10~20秒ほどの息止め指示が何回か入ります。
  3. 検査中、いろいろな種類の比較的大きな音が聞こえますが、心配はいりません。
  4. より診断能の高い画像を得るために、検査中はできるだけ体を動かさないでください。
  5. 検査中寝てしまうと画像データ収集に時間がかかり検査時間が延びる場合があります。
  6. 検査中に気分が悪くなるなど何か変わったことがありましたら、手元のボタンを押してください。操作室のスタッフと会話ができます。

他の検査方法を見る

このページの先頭へ戻る