自分の心臓を、みたくありませんか・・・? 専門病院で行う、心臓画像診断

心疾患の診断には、心筋と冠動脈の状態を観ることが重要です。最新の画像診断の技術により、心臓血管系のあらゆる情報を視覚的にとらえることができるようになりました。絶えず動いている心臓や血管の細かな構造も、身体に負担の少ない検査で評価することができます。

名古屋ハートセンターには、次のような画像診断装置があります。

心臓の動きや形態を簡便にみられる心エコー検査、冠動脈の状態を見る CT検査、心臓機能の異常や心筋梗塞を発見できる MRI検査を組み合わせることで、総合的な画像診断が可能となります。当院では画像診断を専門病院ならではの、質の高い診断・治療につなげています。

心臓は常に動いており、画像化するのが最も難しい臓器のひとつです。どこの医療施設でも実施できるというものではありません。現在のところ、心臓画像診断を一定のクオリティを保って担える施設は、東海地区においては数えるほどしかありません。

心臓における超音波検査・CT・MRI の使い分け

それぞれ、検査の目的、疾患や容態、個々の患者様によって選択されます。

MRI(磁気共鳴画像撮影)

MRI は、主に心機能や心臓の筋肉(心筋)の異常を検出するのを得意とする検査です。X線被ばくなしで、造影剤を使うことなく心臓の動きや形態を観察することができます。冠動脈も(CTよりは画質は落ちますが)造影剤なしで観察することが可能です。さらに造影剤を用いると、心筋の変性や病気の特定など、より詳細な情報を得ることができます。画像診断の中では最も専門性が高く情報量が多い検査のひとつといえます。

磁気の力を利用して体の水素原子からの信号をコンピュータ解析して画像化する検査です。CTのようにX線被ばくがなく、より安全に、多くの情報を得ることができます。心臓においては、特に心機能や形態、心筋のダメージなども詳細に観察できます。

もっと詳しく知る

マルチスライス CT

CT は、主に冠動脈(心臓の栄養血管)や大動脈、末梢動脈の狭窄や拡大など、動脈硬化性疾患の精密検査に向いています。血管壁や内腔を詳しく観察し、計測することができます。冠動脈ステント留置術後やバイパス手術、大動脈の手術後の経過観察にも用います。血管の撮影にはヨード造影剤を使用し、X線を用いて行う検査です。

X線を使って体内の構造を画像化することができます。3次元の画像データをコンピュータ解析して再構成し、あらゆる角度からの立体的な画像を構築することができます。特に冠動脈や大動脈をはじめとする血管の情報を得るのに適しています。

もっと詳しく知る

超音波検査(心エコー・血管エコー)

超音波検査(エコー)は、簡便に心臓の動きや形、大きさをみることができる検査で、最も数多く行われています。動いている心臓をいろいろな角度から動画で撮影し、即座に観察することができます。心臓内の血流をリアルタイムで測定でき、心臓弁膜症やシャント疾患の検査に適しています。

身体の表面から心臓に超音波をあて、跳ね返ってきた音を画像化します。心臓超音波検査では、心臓の構造や動き、心臓の弁に逆流がないかなどを調べます。血管超音波検査では、動脈硬化プラークの付着や血栓の有無、血液の流れなどを調べます。

もっと詳しく知る