心臓手術 From 名古屋ハートセンター

心臓手術と対象疾患〜大動脈手術

大動脈は、胸にある胸部大動脈とお腹にある腹部大動脈に大別されます。

大動脈は心臓から出た血液を全身の臓器へと送る、重要な通り道です。
大動脈がコブになって膨らんでしまう大動脈瘤と、大動脈の壁が裂けてしまう大動脈解離などがあります。
大動脈瘤は自覚症状が無いことが多いですが、破裂すると致命的になるため、ある程度の大きさになった時点で人工血管に取り換える人工血管置換術を行います。大動脈解離や動脈瘤破裂の場合は、緊急手術が必要となります。

胸の大動脈を人工血管に取り替える場合、頭(脳)への血液を確保しながら手術をしないといけません。当院では、中等度低体温、選択的脳循環法を用いて良好な成績を得ています。

腹部大動脈に関しては、従来の開腹手術(お腹の中央を切って手術を行う方法)に加え、小開腹手術や、お腹の皮膚をまったく切らないステント留置術が可能です。どの方法が最適か、医師にご相談ください。

INDEX

  1. はじめに
  2. 心臓の役割と心臓の病気
  3. 心臓手術と対象疾患
  4. 成人先天性疾患など特殊な病態について
  5. 心臓へのアプローチ・MICSについて
  6. 人工弁について
  7. 再手術について
  8. 手術適応・手術時期について
  9. 心臓が悪い・手術が必要かもと言われたら
  10. 入院から手術・退院、その後の流れ